夕暮れの公園で女性上位の快楽を知る

・作

僕には毎週会う好きな人がいる。彼女は突然現れ、僕の生活を急激に変えていった。僕は気づかぬ間に彼女の手のひらに乗せられ、いとも簡単に転がされていく。彼女の魅力に抗えない僕は、導かれるまま女性上位の快楽に堕ちていく…

僕には毎週決まって会う、好きな人がいる。
恐らく、相手も僕のこと、嫌いでは無いと思う。
でも、同年代の恋人同士のような普通のデートとかはしたことが無い。
きっと、これから先もしないと思うけど、彼女に求めてもらえるだけで、僕はいい。

彼女に初めて会ったのは、近所の公園だった。
僕は会社に入社したばかりで、覚えることも多く毎日ヘトヘトだった。
休みの日に、せまいアパートにいるのも息が詰まり、缶ビールとつまみを持って、目の前の公園に向かった。
人のいない寂れた公園にはベンチが一つあるだけ。
それでも、夕日が綺麗に見えるその公園が、僕は気に入っていた。
その日も公園で飲もうと思い向かうと、珍しくベンチに先客がいた。
後ろ姿からして、若そうな女性だった。
今日は出直そうと思いUターンしかけた時、その女性が泣いている事に気づいた。
声をかけようか…そっとしておいた方がいいのか…
僕は迷った末、いつのまにか声をかけていた。

「あの…すいません、大丈夫ですか?」

女性はハッ、と振向き、僕を怪しげに睨んだ。

「いや、急に声かけてすいません…僕この公園好きでよく来るんですけど、人がいるの珍しいなと思って、そしたらあなたの泣く声が聞こえて」

女性は変わらず顔だけ振向き、僕を見ていた。

「いや、いいです、あの…急に声かけたりしてすいませんでした、僕もう行くんで…」

うわぁ、やっぱり声なんてかけなきゃよかったのに、僕は何やってんだ…
肩を落とし、いそいそと戻ろうとした時、女性が口を開いた。

「…大丈夫じゃないです」

へ…?あ、大丈夫じゃないですって、言ったよね…今、うん。

「公園に来たくて来たんですよね、いればいいじゃないですか」

「…はい」

僕は何故か女性に引き止められ、どうすればいいかわからないまま、一つしかないベンチの端に腰をかけた。

「ビール…飲むんですか」

女性は泣きはらした目で、僕の持っていたビニール袋を見て言った。

「あ…はい。僕休みの日にここでビール飲むの好きなんです、充電…みたいな感じで…」

「私にもください」

「え…えぇ、はい、どうぞ…」

彼女に持っていた二本のうち、一本を手渡した。
彼女は僕の目を見ずに受け取ると、細い指で缶を開け、クイっと一口流し込んだ。

「…うえ、まずい…」

「え!ビール飲めなかったですか!?」

彼女は焦る僕の目を見た。
夕日に照らされて彼女の髪は透き通り、涙で化粧は落ち少し赤く腫れていた。まじまじと見たら、後ろ姿で想像していたよりも、若そうだった。

「…いいです、飲めます」

「いや、無理しないでいいですよ!どうせ僕飲みますし!あ、いや、それじゃあなたが飲んだ缶を飲みたい変態みたいですね、全然そういう意味じゃな…」

僕が必死に弁解している最中に彼女はビールを傾け、勢いよく飲んでいた。
そして缶を置くと、ベンチ伝いに近づき、片手で僕の頬を掴んだ。
グイ、と上を向かせられると、ベンチに膝立ちになった彼女は、僕に口移しでビールを流し込んできた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣32012Views

  2. 義父の手管

    まる27578Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20419Views

  4. 5日目の夜

    まる16492Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス13443Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる11303Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9445Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣7961Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6884Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5350Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る