コレクター

・作

ゲームを通じて知り合った長樂(ながら)と、チズリというプレイヤー。ゲームのリアルイベントで初めて会うことになった二人の虚実が入り混じる関係はどうなるのか……。

 大きなテーブルに呑み放題コースの料理と酒が次々と並べられる。

 居酒屋の店内には活気が満ち、あちこちで大きな笑い声が上がっていた。時刻は宵の口といったところだが、あちこちで酔客が赤い顔を晒している。

 長樂(ながら)は自分の前に置かれた烏龍茶から視線を挙げ、運んでくれた従業員に小声で礼を言った。すると若い従業員は照れたような顔で会釈を返す。

 テーブルを囲んでいる一同に飲み物が行き渡ると、年嵩の男性が飲み物を軽く掲げて声を上げる。

「じゃあ、お疲れ様。かんぱいっ」

 それぞれが近い席のものとグラスを触れ合わせる。

 グラスの鳴る軽やかな音に続いて、思い思いに酒を口に運ぶ。

 長樂も同じようにグラスに口をつけた。

「今日は新人の歓迎会も兼ねてるから、じゃんじゃん飲んで食ってくれ」

「社長、太っ腹! でもそろそろお腹は引っ込めて!」

「うるせえっ」

 近くの者が囃し立て、皆が笑う。長樂も笑みを浮かべた。

 それから思い思いに杯を重ね、料理が半分ほど皆の口に入った頃、新人の一人が長樂に言った。

「特殊清掃って、マジであるんスか」

「あるよ」

 事も無げに長樂が答えると、その新人は目を丸くした。ちらりと社長に目をやった後、声を潜めて問いを重ねる。

「あの、死体とか、見るんスか」

「見ないよ。俺達がするのは部屋の片付けだけだからね。そういうのは警察が片付ける」

「うわぁ、怖え」

 長樂は烏龍茶に口をつけ、ちらりと新人の顔を見た。社会人になったばかりの若者だ。興味津々といった感じの目で長樂へ向けている。

「じゃあ、幽霊とかそいうのは……」

 少し考えてから長樂は首を小さく横に振った。頭の中をどうひっくり返しても幽霊の類に出会った記憶は出てこない。

「悪いけど、ないかな」

 そう言った長樂の隣にどさっと乱暴な仕草で、先輩社員が腰を下ろした。

「なぁに話してんだ」

「幽霊とか、そういう感じの話ですよ。彼、そういうのが聞きたいみたいで」

 笑って長樂が水を向けると、新人はおっかなびっくりといった表情でこくこくと頷いた。この先輩社員はかなりの強面で、新人達からも怖がられている。だが、実際は面倒見がよく、子煩悩な愛妻家なのだ。それを知らずに人当たりの柔らかい長樂の所に来たのだろう。

 そのまま怪談大会に突入した先輩と後輩を眺めつつ、長樂はゆったりと食事をする。

 そうこうする内に時間が過ぎ、飲み放題の時間が終了してしまった。長樂たちはぞろぞろと魅せの外に出て、二次会に行く者とそうでない者に別れる。

「あれ、長樂さん、次行かないんスか」

「時間も遅いしね」

 腕時計を見ると、すでに日付が変わりかけていた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 見られたら、こまる

    まる21478Views

  2. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣17848Views

  3. 義父の手管

    まる14670Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14614Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣8637Views

  6. 肉食獣には敵わない

    マギラス8105Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7663Views

  8. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣6564Views

  9. 会員限定の出会い

    まる5392Views

  10. いつかまた行けたら

    益田冬嗣5011Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る