ミステリアスな未亡人・吉崎さん

・作

佐田(さだ)は職場のパート・吉崎(よしざき)が気になっていた。一年前に夫を亡くしたという吉崎だったが、歳の差婚ということもあり、財産目当てだと言われていた。死因は交通事故。何も問題はないが、保険金が相当入ったという噂が流れるも、吉崎は仕事を辞めていない。また、吉崎の体は佐田から見ても十分な魅力があり、その肢体を見て妄想を繰り返していたのだが、ある日吉崎に声をかけられ—…。

パートの吉崎(よしざき)さんは、ミステリアスな人だった。

一年前に夫を亡くした未亡人。

確か歳が二周りも上で財産目当てなのでは、と噂されていた。

だけど、死因は交通事故で処理されている。

不審な点はないとして、保険金が下りた。

その金額もとんでもない金額だったと同僚から聞いたけれど、今も仕事を辞めていない。

相変わらずパートを続けている。

一日4時間、週に5日。

家にいるのは退屈だし、お小遣い稼ぎも兼ねて、と笑っていた。

保険金があるのでは、と誰も訊けず吉崎さんは毎日遅刻も欠勤もせずパートに勤しんでいた。

 

吉崎さんは俺より10歳年上の37歳。

女ざかりと言う言葉がピッタリなほど、熟れた色気が出ていた。

未亡人、というものの恋人の存在はわからず、あの豊満な体をもてあましてはいないか。

もしそうなら、俺を誘ってくれないか。

そんな勝手な妄想をするくらい、吉崎さんはミステリアスな未亡人だった。

「佐田(さだ)くん、少しいい?」

珍しく吉崎さんから声がかけられて、返事をする声が上ずった。

「あのね、助けて欲しいんだけど」

「あ、何か仕事で困ったことがありましたか?」

自分でよければと話を聞けば、思い切りプライベートな内容だった。

「あの、ね。甥っこの誕生日プレゼントを選びたいんだけど、よくわからなくて……丁度佐田くんと同じ歳だから何を貰ったら嬉しいか教えてほしくて」

そんなことを言いながら、髪を耳にかける仕草。

はにかむ様子に、思わず喉が鳴ってしまった。

「いや、俺も流行りに詳しくないですし、」

やんわりと断ろうとしたが、吉崎さんは「お願い」と言葉を重ねてくる。

その際、耳を触っている方の腕が胸を押している。

むに、と形を変えたはちきれんばかりの胸に俺の視線は自然とそこを凝視してしまった。

気付かれてはいけない、そう思ったが吉崎さんは小首を傾げ「ね、お願い」ともう一度言い、胸が揺れるのが見えた。

その揺れる胸に合わせるように、俺の口からは了承する言葉が出ていた。

 

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣35702Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる23975Views

  3. 秘書のお仕事

    まる17874Views

  4. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ15936Views

  5. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡孝行娘の処女の値段♡

    よしのふみ12906Views

  6. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月12586Views

  7. バスの中の秘め事

    まる12113Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣11194Views

  9. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ10599Views

  10. 兄嫁の本性

    益田冬嗣8620Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る