鬼斬りの鬼

・作

野太く長い、凶器のような男根。ソレをそそり立てた黒鬼は、片手でイズミの頭を掴んで持ち上げた。―――この世界には鬼と呼ばれる存在がいる。鬼にとって人間はエサでしかない。鬼の前では人間は無力であった。だが、鬼から人間を守る者がいる。鬼を斬る者、それは1人の少女であった。彼女の名前はイズミ。鬼を斬る者である。

 夜は闇を生む。
 夜が生む闇の中に、ソレはいた。
 ソレの前には、人の頭部が転がっている。
 転がっている人の頭部……その顔には、恐怖の表情が浮かんで固まっていた。
 ソレは人の肉体を食らっている。ガツガツ、ガツガツと食らっている。
 人を食らっているソレも、人の形をしていた。
 巨体である。身長は2メートルはあるだろう。
 筋骨隆々という言葉が似合う体格だ。
 人のように見えるが、人と異なる点がいくつかある。
 目は血でも吸ったかのように真っ赤で、そして額から2本の何かが生えていた。
 額から生えている2本の何か……ツノだ。
 長く太く、そして鋭い銀色のツノ。
 肌の色は青い。塗料を塗ったわけではない。天然の色だ。
 ソレを見た人間は、鬼という言葉を頭に思い浮かべることであろう。
 実際にソレは鬼と呼ばれる存在であった。
 人とは異なる存在、人を襲って食らう存在……鬼と呼ばれる種族。
 青い肌の鬼は、一心不乱に人の肉を食らう。
 人の血肉は鬼にとって、最高のご馳走であった。
 もぎ取った腕の肉を食らい、したたる血をすすったとき、青鬼は何かを感じ取った。
 青鬼がいる闇の中に、1つの人影が飛び込んでくる。
 その人影は、右手に持った何かを振った。青鬼は反射的に後ろに跳ぶ。
 それまで青鬼が立っていた場所を、銀光が通過した。
 青鬼を斬っていたかもしれない銀光……それは、日本刀の刃の閃(ひらめ)きだ。

「何者だ……?」

 青鬼は日本刀で自分を斬ろうとした者に問う。
 月光が、その者を照らす。
 右手に日本刀、左手にそれを収める鞘を持つのは、ショートヘアの少女であった。
 黒いブレザーに黒いスカート、灰色のニットベストに白いブラウスという服装。

「鬼を狩る者」

 ショートヘアの少女……ブラウスの胸を大きく盛り上げている少女が鬼の言葉に応える。
 その胸の膨らみは、軽く見積もってもGカップはあった。
 豊満な胸の少女・和田イズミは、青鬼に食われた人に視線を向ける。

「お前を斬る」

 そして視線と日本刀の切っ先を青鬼に向け、静かな口調で告げた。

「俺を斬るだと?」

 青鬼の顔に、人を小馬鹿にしたような表情が浮かぶ。

「人間風情が、面白いことを言うじゃないか」

 そう言う青鬼の右手には、いつの間にか大きな金棒が握られていた。
 多数のトゲが生える金棒。
 日本刀を構えるイズミの頭など、簡単に粉砕することができるほどの太さがある。

「殺して食らってやるぞ、小娘!」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる20989Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14922Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13884Views

  4. 会員限定の出会い

    まる13360Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10078Views

  6. 底辺の恋

    マギラス8250Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7357Views

  8. 5日目の夜

    まる6508Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5516Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる5128Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る