女王様の戯れ

・作

学園の図書館で、下僕扱いの幼馴染と受験勉強をするお嬢様。すぐに飽きてしまったお嬢様は、勉強を回避するためちょっとしたイタズラを思いついて…。マゾペットの優等生は、踏まれても蹴られても、大好きなご主人様にメロメロ。

「…様…お嬢様!」

ぽんぽんと肩を叩かれて、私は欠伸まじりに返事をしました。

「ふぁ…何ですの?」

「失礼ですが、聞いていらっしゃいますか?」

「勿論ですわ。インタグラムなんちゃらは3-xでしょう?」

「全然違いますし、この記号の読み方はインテグラルです。もう一度説明するのでよく聞いていてください」

隼人は苛々した時の癖で、ボールペンをカチカチと続けてノックしました。

私は所謂お嬢様で、隼人は使用人の息子。

小さい頃から虐げていたにも関わらず、どうしたわけか私の事が好きでたまらないようで、普段は全面的に私の言いなり―――なのですが…

「ねえ、ちょっと休憩しませんこと?」

「このページが終わるまで駄目です」

「………」

私のお母様からの言いつけ、しかも勉強の事となると話は別。

家に帰るとスイッチが切れるからと、学園の図書館を貸し切って軟禁され、放課後にもう2時間近く参考書を解かされているのでした。

(はぁ…どうにかして勉強を中断できないかしら…)

私はノートに目を落とす隼人の横顔を眺めました。

産まれた時から一緒に居て、すっかり見飽きてしまったくらいですが、改めて見ると綺麗な顔をしています。

成績もよく、人当たりも穏やか、バレンタインには抱えきれないほどのチョコレートを貰う人気者なのに、夜は…

「お嬢様。余所見をしていらしたでしょう」

「ごめんなさい、貴方のお顔に見惚れていたんですの」

「…そんなお世辞を仰っても、何も出ませんよ」

隼人は素っ気なく言いながら、糖分補給しましょうか、とチョコレートを1枚出してくれました。

「ふふっ、やっぱり私には優しいんですのね」

肩に寄りかかると、甘えてもダメです、と言いつつ、まんざらでもなさそうな顔。

…これだ。

私はシャーペンを手に取り、ここが分からないんですの、と適当なところを差して、左隣に座る隼人に椅子を近づけました。

「ああ、この問題は最初に…」

諦めてやる気を出したと思ったのか、にこやかに解説しだす隼人。

「こうして、これを…最後に二乗?」

「カッコの前にマイナスがあるので、それを掛けてください」

「…あっ、出来ましたわ!次は?」

「そうですね、じゃあもう一題似たようなものを、…」

身を乗り出すふりをしながら腕に胸を押し付けると、ぴく、と隼人が反応しました。

「問4?やってみますわ」

「え、ええ…頑張ってください」

計算もそこそこに、う~ん…、と悩みながら更に胸を押し付けてみます。

ちらりと顔を盗み見ると、隼人は何もない筆箱に目を落として、気まずそうな顔をしていました。

(…こんなことで照れるなんて、可愛いこと。もう少し意地悪してみようかしら…)

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣33255Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる32686Views

  3. エレベーターが止まったら

    まる23156Views

  4. 警備員に拉致されて飼育される女子校生♡初強姦に揺れるポニテ♡

    よしのふみ22997Views

  5. 義父の手管

    まる14157Views

  6. ダブル不倫はスポーツの後で

    まる13343Views

  7. 息子のいぬ間に

    まる10136Views

  8. 変態彼女の介護日記

    KK10025Views

  9. 中出しして、お金で解決した話

    KK9800Views

  10. 足止めの駅で

    まる9397Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る