肉便器の豊崎さん

・作

会社の奥まったところにあるトイレには、普通の便器がない。代わりに、女子社員が肉便器として設置されている。前の便器が壊れたために、今週から新しい便器に変わった。今度の便器は、受付嬢の豊崎さん。最初は泣きじゃくっていたのに、使い込まれていき、どんどん便器らしくなっていく。さて、今日も豊崎さんのトイレに行こうか。

月曜日。
これから一週間がはじまると思うと、憂鬱になる。
エントランスの受付には、いつも受付嬢が二人いるのに、今日は一人だ。
癒しの豊崎さんが、今日はいない。

あくびを噛み殺しながら、席に着く。
「おい、今日から5階のトイレが使えるらしいぜ」
にやにやしながら、同僚がコーヒーを飲みながら話しかけてくる。
「ふーん」
「ふーん、って。おまえ反応薄すぎ」
「最近、使ってなかったから。微妙な便器しか、設置されなかったし」
「だとしても、俺にはあのトイレしかない。嫁さんには逃げられ、男だらけの会社、遊べる金もない…」
「悪かったな」
バシッと、落ちこんでいる背中をたたいて、パソコンに向き合った。

 

どうしてそうなったのか、詳しいことはわからない。
はじまりは、大企業の社長を怒らせた女子社員を、みせしめにするためだそうだ。
その女子社員を慰みものにしたら、社員の9割を占める男たちの士気が上がり、売り上げが大幅にアップ。
それ以来、その役目を担う女子社員を置くことにしたらしい。
本当のところは、わからないが。

 

昼休憩になり、タバコを吸いに屋上へ向かう。
パソコンでショボショボした目に、緑が優しい。
そろそろ戻ろうかと思ったその時、廊下の奥のトイレが見えた。
そういえば、今日から使えるらしいな…。
興味本位で、オレはそのトイレに入った。

 

噂通り、新しい便器が設置されていた。
全裸の女子社員が、小さな台の上に乗せられている。
両手は頭の上で、両足はパカッと開いて顔の横で、壁に固定。
まんぐり返しの状態で、パックリ開いたまんこにアナルまで見える。

こんなあられもない恰好で、男が入ってきても騒がない、いや騒げない理由は、ボールギャグだ。
「ん―。んんー」
もそもそと動き、くぐもった音を発している。
ベルトは口の端に食い込み、真ん中の穴の空いたボールからは、よだれを垂らしている。
「こんなによだれを垂らして、汚いな」
うつむき加減の顔をぐいっと、向かせた。

この顔は…知っている。
受付の豊崎さんだ。
ザ・清楚系で、いつも柔和な微笑みを浮かべている。
あの豊崎さんが、今は肉便器として、オレの前で股を開いている。
さっきから徐々に元気になっていたちんこが、一気に大きくなった。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会員限定の出会い

    まる23656Views

  2. 義父の手管

    まる19238Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣18829Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14399Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣13839Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9416Views

  7. 5日目の夜

    まる6441Views

  8. 出戻りねえちゃん

    まる5824Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5632Views

  10. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣4848Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る