迷子の夜に

・作

リストラされた大城司は夜の街でうずくまっている女子校生に声をかけた。冗談で言った一晩いくらの言葉に、いくらなら買ってもらえるのかと聞かれて、成り行きでホテルに行く事になる。その女子校生、下寺ちひろの事情を知って次第に心を通わせていく。

「どうしたの? 迷子?」
 華やかな夜の街から隠れるようにビルとビルの間にうずくまっている女子校生に大城司が声をかけたのは、単なる気まぐれだった。
 高校卒業後から7年間勤めてきた会社にリストラされて、もやもやする気持ちを抱えてふらふら歩いていた所で、いつもならスルーしていた。

 女子校生は東京に住んでいるのではないのだろう、あか抜けない田舎っぽさが目立つ。セーラー服を着て、眼鏡をかけて髪を後ろでひとつにまとめている。

「夜遅くにひとりでいたら危ないよ。一晩いくら、なんて奴が寄ってくるよ」
「……いくらだったら買ってもらえるんですか」
「え?」
「私、一晩いくらですか」
 真剣な様子で眼鏡の奥からまっすぐに見つめてきた。

「いくらって……」
 相場は分からないなと思い、適当に答える。
「3万。処女なら5万」
「それでいいです。買って下さい」
「えー……」
 司は頭を掻いた。

 普段なら交番に連れていく所だが、リストラされて気持ちはグチャグチャに乱れている。投げやりに悪い事をしてもいいかと考えてしまっていた。
「分かった。じゃあホテルに行こうか」

 これからする事を分からせるために、内装が派手めのラブホテルを選んだ。
 シャワーを浴び、女子校生が浴びている間に学生カバンの中を確かめてみた。学生証を眺めてつぶやく。
「ずいぶん遠い所から来てるな……ん?」
 ガサ、と出てきたのは修学旅行のしおりだった。
「……ふーん」
 元通りに戻してビール缶を開ける。

「あの……お風呂、上がりました」
 バスローブを着た女子校生がおずおずと近づいてきた。
「隣に座って」
「……はい」
 女子校生がベッドに座ると、司はすぐさま押し倒した。
 女子校生は声も出せず、驚いて目を見開いた。

「しようか」
 バスローブの襟に手をかけると、グッと引っ張り返してきた。
「名前は?」
 固い表情で見返してくる。
「君の名前」
「……下寺ちひろです」
「ちひろちゃん、覚悟しようよ。お金、欲しくないの?」
 ちひろは黙ったままだったが、襟をつかむ手から力が抜けていった。

 バスローブの前をはだけると、成長途中の胸があらわになった。そのままじっと見ていると、ちひろが絞り出すように言った。
「……しないんですか」
「してるよ。これは視姦って言って、視線で犯してるんだ。見られてちひろちゃんの乳首、ちょっとふっくらしてきたよ」
「嘘……」
 否定しながらも、確認しようとちひろが自分の胸を見下ろした。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる20989Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14929Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13889Views

  4. 会員限定の出会い

    まる13361Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10081Views

  6. 底辺の恋

    マギラス8255Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7370Views

  8. 5日目の夜

    まる6508Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5528Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる5128Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る