落ちこぼれ剣士とエルフ教官

・作

剣士訓練校に通うオストラルという青年は、エルフの女性教官ユリアと恋仲の関係にあった。今日も二人きりになるまで訓練を続けていたが、昂ってきた二人は訓練を終わらせ、ドロドロになるまで恋人の時間を楽しみ始める。

剣士を育成する者は強いものでなくてはならないが、性別にこだわりはない。
その決まりに則り、ハーベラム剣士訓練校では女性エルフの教官がいた。

「剣先ばかり見るな!その調子だとすぐに隙を突かれるぞ!」

もう誰もいない夕暮れの中庭訓練場。
そこで女性エルフの教官ユリアと、その訓練生の青年、オストラルがいた。
二人の剣を交える音と、ユリアの怒号が響き渡る。

「剣を突き出せ!攻めないでどうする!受け身ばかりでは敵を倒すことなんてできないぞ!」

ユリアのその声と共にオストラルの持っていた剣は弾き飛ばされ、今日の訓練の終わりを告げた。

「全く……今日はどうしたんだ。爪が甘すぎる」
「すみません、ユリア教官……その……」

オストラルはユリアをちらりと見る。
ユリアは剣士の教官というには、あまりにも豊満な身体をしていた。
はちきれんばかりの胸、太もも、尻。そして訓練の度に胸が上下左右に揺れ、それが気になって訓練どころではない。
そして、この二人は恋仲という状況にある。
今日はもう二人以外に誰もいない。訓練も相当な時間続けており、気が昂っている。
そんな状況で若いオストラルの集中が切れるのは仕方がないことといえば、仕方のないことだった。

「全く……」

オストラルの股間が盛り上がっていることに気付いたユリアは、深い溜息をついた。

「もう今日の訓練は終わりにしよう。その様子じゃ……すぐに処理したほうがいいだろう?」

舌なめずりをしながらユリアが言うと、オストラルは生唾を飲み込まざるを得なかった。
ユリアは訓練用の剣や防具などを片付けると、すぐにオストラルを自分の教官室へ連れ込んだ。
そこへ用意してあるソファにオストラルを押し倒し、跨る。

「ユ、ユリア教官っ……オレ、もう……」
「安心しろオストラル。私も興奮しっぱなしでな……お前の子種が欲しくてたまらない」

押し倒されたオストラルから、すでに下着を脱いだユリアの濡れた秘部がよく見えた。
まだ触ってもいないのに愛液が太ももを伝っているほど垂れている。

「教官も随分、興奮なされていたようで……」
「ああ、愛しいお前を殺してしまわないかゾクゾクしていたよ。私のような魔法が使えないエルフは異端児だからな」

ガチャガチャと音をたてながらオストラルのズボンを脱がし、下着を剥ぎ取ると怒張がブルンと弾け出た。
ビキビキと筋をたてているオストラルのペニスを見て、ユリアは嬉しそうに顔を歪める。

公開日:

感想・レビュー

1件

落ちこぼれ剣士とエルフ教官 へのコメント一覧

  • 気が強い女エルフえろい!!

    とくめい さん 2020年7月12日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣30055Views

  2. 義父の手管

    まる28542Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20729Views

  4. 5日目の夜

    まる17106Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス14479Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる10529Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9465Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣8187Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6970Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5560Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る