通勤電車の楽しみ方

・作

憂鬱な毎朝の通勤。ある日、電車が大きく揺れて、前に立っていた女がぶつかってきた。むっちりお尻が股間にあたって、ムラムラが止まらない。理性を保てずに、ついついオレは痴漢をしてしまった。最初は、ちょっとだけのつもりだった。けれど、自分を抑えられずに、最後は挿入してガンガン突きまくる! —朝の電車の中で起こる、スリルと背徳感に溢れたセックス。

月曜日。
今日から、また一週間がはじまる。
通勤電車はいつも通り混んでいて、あと30分も耐えなければならない。

ガタッ。
大きく電車が傾き、みんなが同じ方向によろける。
ドン。
目の前に立っていた女が、ぶつかってきた。

ガタン。
もう一度電車が揺れ、女の体がオレに預けられる。
むぎゅ。
オレの股間に、お尻が押し付けられる。
目の前には、白いうなじ。
ドギマギしているうちに、電車はまっすぐになり、女もオレから体を離した。

乗客は何事もなかったかのように、また手元のスマホを見つめている。
さっきの女はドアの前に立ち、外を眺めているようだ。
オレも平静を装うが、さっきの柔らかい感覚が忘れられない。

車内アナウンスと共に、反対側のドアが開く。
後ろからギュウギュウ押されて、気づくと女の後ろに体を密着させて立っていた。
茶髪のショートカットが、顔を隠している。
電車の揺れにあわせて、サラサラと髪の毛が動く。
体温が、ほんのり伝わってくる。

…触りたい。
いや、ダメだ。
痴漢したことがばれたら、どうなる?
だけど、若い女とくっついて、我慢するのは無理だ!
こんなチャンス、滅多にない。
少しだけ…そう、少しだけならいいだろう。
大人しそうだし、慎重にすれば…。
欲望に負けたオレは、自分に言い聞かせた。

偶然のフリをして、お尻にさらっと触れる。
反応は…ない。
大丈夫だろうか?
今度は、わざとお尻を下から撫で上げる。
指で、弾くようにして。
背筋が、ピンと伸びる。
…ダメか!?
息を殺して、数秒。
それ以上の、反応はなかった。

柔らかくて弾力のある、大きめのお尻。
スカートの上からでも、よくわかる。
手が触れるたびに、逃れようと体をわずかにくねらせている。
「わざとオレのちんちんに、いやらしいお尻を押しつけてきたんだろ?
 誘惑してきたのは、そっちだからな」
耳元でささやくと、白いうなじがほんのり染まる。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる20989Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14930Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13889Views

  4. 会員限定の出会い

    まる13361Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10083Views

  6. 底辺の恋

    マギラス8255Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7370Views

  8. 5日目の夜

    まる6508Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5531Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる5128Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る