放課後特別授業

・作

新米教師の松田は幼いころからの夢をかなえて教師になったが、ある失態から生徒たちに変態・童貞とバカにされてしまう。どうすれば挽回できるか考えていると、施錠当番がまわってきた。教室には一番最初に自分をばかにして噂を広めた羽田がいて…。放課後の教室で体に教え込む特別授業!

「今日から2年1組の担任になる松田です。1年間よろしくお願いします。」

生徒からは何の反応も帰ってこない。

ぼくが学生の時もこんな感じだった。

大丈夫、これから少しずつ距離を縮めていけばいい。

自分に言い聞かせてホームルームをすすめる。

キーンコーンカーンコーン。

「では、以上です。今日からがんばりましょう。」

「きりーつ。れーい。」

その途端生徒が一斉にしゃべりだした。

さっきまでは隠れてケータイをいじっていたり机に突っ伏して寝ていたり生気のない目でぼーっと前を向いて座っていたのが、一気に色を取り戻し生き生きと10代らしく輝いている。

その変化にやや落胆して教室を出ようとすると

「わあっ!」

教壇を踏み外してドアの前で尻もちをついてしまった。

「いててて。」

生徒は誰も気づかない。

痛くてそのままの場所で座り込んでいると女子グループがやってきた。

「邪魔。どいて。」

「健康診断うちら1組からなのに。」

「担任が教室のドア塞いだせいで遅れるとかマジ迷惑。」

見下ろしながら高圧的な口調で責められる。

「ごっごめんね。」

「いてっ。ううっ。」

痛む尻を抑えながらなんとか移動する。

ぞろぞろと前を通り過ぎようとしてほっとすると一人が立ち止まった。

「ねえねえ。ちょっと待って。」

「さやか、どうしたの。」

「ほら、あれ。」

ぼくを指さす。

「ん?うそ。やだー。」

「最悪マジありえない。」

いったいぼくの何をそんなに見ているのだろう。

「ど、どうしたのかな?何か変?」

「トイレに行ったらちゃんとチャックは上げなきゃ。常識でしょ?」

股間を見下ろすとズボンのチャックが開いたままになっていた。

その上今日は前開きのトランクスでこちらのボタンも開いていた。

「ああ!」

みっともない気持ちになりながら急いでチャックを上げる。

「セクハラ教師。」

「キモ。こんなのが担任とか無理。」

ぼくの悪口を大声で言いながら教室を出ていった。

「ごめん。本当にごめんね!」

後ろから必死に謝ったけど聞こえた素振りはない。

はあ。初日からやってしまった。

あの子たちがぼくの失態をあまり広めなければいいけれど。

職員室に戻ろうと立ち上がった。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣35719Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる24009Views

  3. 秘書のお仕事

    まる17883Views

  4. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ15948Views

  5. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡孝行娘の処女の値段♡

    よしのふみ12932Views

  6. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月12594Views

  7. バスの中の秘め事

    まる12119Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣11202Views

  9. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ10609Views

  10. 兄嫁の本性

    益田冬嗣8634Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る