退魔師マコト

・作

この世界には闇がある。闇の中には魔物と呼ばれるものが存在している。人を襲い、食らう魔物。魔物の前では人は無力である。しかし、そんな魔物と戦う者がいた。退魔師と呼ばれる者。これはマコトという名の退魔師の物語。

 夜の街。人気(ひとけ)がなく、街灯の数が少ない区画。
 街灯の光が届かず、闇が生まれている場所がある。ソレは、夜が生む闇の中にまぎれていた。
 闇にまぎれ、獲物が訪れるのを待っていた。

 足音が小さく響く。スーツ姿の、キャリアウーマン風の女性が足音の主。
 ソレは闇の中から、キャリアウーマンをジッと見つめていた。
 今夜の獲物が決まった。
 ソレは闇から闇へと移動し、キャリアウーマンの後を追う。
 キャリアウーマンに襲いかかろうとしたときであった。

「人をコソコソ追いかけ回す奴のこと、なんて言うか知っている?」

 ソレの後ろから女の声が聞こえた。
 何だ? と思い後ろを見ようとするが、それよりも早く、ソレは後頭部に衝撃を受ける。
 たまらずソレは倒れた。

 キャリアウーマンは何かを感じたのか足を止め、後ろを見たが、何もない。
 気のせいかと首を小さくかしげ、彼女は再び歩きだした。

 

 後頭部に衝撃を受けて倒れたソレは、小さくうなりながら後ろを見る。
 そこには右脚を蹴り上げた姿勢の女が立っていた。
 ソレは後頭部に蹴りを受けたのだと察した。
 夜空に浮かぶ月が、ソレに蹴りを叩き込んだ女を照らす。
 癖のない茶色の髪を、セミショートにしている女。
 整った顔立ちには、まだあどけなさが残っている。
 その雰囲気から、ようやく20代になったという年齢であろう。
 白いブラウスにベージュのVネックのニットベスト、ブルーのデニムのミニスカートにスニーカーという格好。
 美女と呼んで過言ではない彼女の最大の特徴は、胸であろう。
 ブラウスとニットベストを押し上げている膨らみ、それは軽く見積もってもFカップはある。
 豊かな胸を持つ美女は、蹴り上げていた右脚を下ろし、

「ストーカーって言うのよ。犯罪よ、犯罪」

 自分を睨んでうずくまっているソレに向かって言った。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる21128Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる15331Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13758Views

  4. 会員限定の出会い

    まる11771Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10036Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7156Views

  7. 5日目の夜

    まる6422Views

  8. 底辺の恋

    マギラス6180Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5329Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる4836Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る